Awesome Xamarin

Awesome Xamarin

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 1,000

この素晴らしいXamarinの世界(このざま!) - Xamarin.Androidバインディングを極める - Mono.Compiler APIを理解するためのMono JITエンジン解説 - Mono ・ Xamarin クロスプラットフォーム GUI の軌跡 (1) Xamarin.Android バインディングを極める Androidバインディング・プロジェクトについて、実用的なプロジェクト構成から細かい説明、各種ビルドエラーの対策などを30ページくらい書いてまとめました。 (2) Mono.Compiler API を理解するためのMono JITエンジン解説 Monoで実験的に開発された「C#でJITを実装できる」Mono.Compiler APIの解説と、これを理解するために、そもそもJITが何をしているのか、miniとは何なのか、llvm実装とそうでない実装はどう繋ぎこまれているのか、CILはどのように実際のマシンコードに置き換えられているのか(Linear IR)、コードはどう最適化されているのかといった話を「少し」掘り下げます。SSAやレジスタアロケーターのspillingに言及はするが深入りはしない、という程度です。 (3) Mono ・ XamarinクロスプラットフォームGUIの軌跡 MonoチームがXamarin.FormsのようなクロスプラットフォームGUIフレームワークを実装したのは、これが初めてではなく、大昔にはWindows.FormsをLinux/Mac向けに実装したり、その後今でも現役で使われているXwtを開発したりしてきました。またGtk+も今や…というか10年以上前から…クロスプラットフォームGUIツールキットであり、実装上の知見を得てきたフレームワークです。これらをきちんと振り返った上で、今Flutterのような新しいGUIフレームワークをどのように捉えるのか、Xamarin.Formsには何があって何がないのか正しく語るために知っておくべきことは何か、といったことを考察するための起爆剤として書いた章です。 ※今回はepub版を試験的に追加しています。何かしら読みづらい箇所がありましたら筆者までお伝えください。ただしPDF版を正本とさせていただきます。 (同人誌 / 92ページ / 初出: 技術書典5)

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

この素晴らしいXamarinの世界(このざま!) - Xamarin.Androidバインディングを極める - Mono.Compiler APIを理解するためのMono JITエンジン解説 - Mono ・ Xamarin クロスプラットフォーム GUI の軌跡 (1) Xamarin.Android バインディングを極める Androidバインディング・プロジェクトについて、実用的なプロジェクト構成から細かい説明、各種ビルドエラーの対策などを30ページくらい書いてまとめました。 (2) Mono.Compiler API を理解するためのMono JITエンジン解説 Monoで実験的に開発された「C#でJITを実装できる」Mono.Compiler APIの解説と、これを理解するために、そもそもJITが何をしているのか、miniとは何なのか、llvm実装とそうでない実装はどう繋ぎこまれているのか、CILはどのように実際のマシンコードに置き換えられているのか(Linear IR)、コードはどう最適化されているのかといった話を「少し」掘り下げます。SSAやレジスタアロケーターのspillingに言及はするが深入りはしない、という程度です。 (3) Mono ・ XamarinクロスプラットフォームGUIの軌跡 MonoチームがXamarin.FormsのようなクロスプラットフォームGUIフレームワークを実装したのは、これが初めてではなく、大昔にはWindows.FormsをLinux/Mac向けに実装したり、その後今でも現役で使われているXwtを開発したりしてきました。またGtk+も今や…というか10年以上前から…クロスプラットフォームGUIツールキットであり、実装上の知見を得てきたフレームワークです。これらをきちんと振り返った上で、今Flutterのような新しいGUIフレームワークをどのように捉えるのか、Xamarin.Formsには何があって何がないのか正しく語るために知っておくべきことは何か、といったことを考察するための起爆剤として書いた章です。 ※今回はepub版を試験的に追加しています。何かしら読みづらい箇所がありましたら筆者までお伝えください。ただしPDF版を正本とさせていただきます。 (同人誌 / 92ページ / 初出: 技術書典5)