Extensive Xamarin

Extensive Xamarin

本書が在庫切れの場合に紙の書籍をお求めになりたい場合、 twitter @atsushieno または pawoo@atsushieno までご連絡いただければ対処いたします。 ---- Extensive Xamarinは、主にXamarinの話題を取り上げて解説するサークルXamaritansがお送りする、3冊目の同人誌です。前2作がXamarinの最新情報をもとに基本を押さえる内容でしたが、Xamarin関係の商業書籍が増えてきた中、本書では同人誌でこそ追い求められる「総論ではない」「一歩先の」「深い」話が多くまとめられています。 本書には、Xamarinが「外側に出ていく」ための話が集まっています。.NETのコードをJavaやObjective-Cのプロジェクトで使用するEmbeddinator-4000の解説、Xamarin.Macアプリケーションを作成した後に誰もが悩むであろう配布方法、クロスプラットフォーム開発の可能性を拡大するPlugins for Xamarinの基本やDIコンテナを用いたユニットテスト手法、Microsoft Congnitive ServiceにXamarinから繋がりに行くまでの道筋、そして変わり種として海外のXamarinカンファレンスに出ていってセッショントークをこなすためのさまざまなTipsが、この1冊にまとめられています。 本書の読者のみなさんが、Xamarinの技術やXamarin技術者の可能性の広がりを感じとることができれば、さらには自ら実践までできるようになれば幸いです。 - Embeddinator-4000 の設計と実装 (@atsushieno) - Xamarin.Mac アプリケーションの配布方法 (@toshi0607) - Plugins for Xamarin & Unit Test (@nuits_jp) - MonkeyFest2017 参加レポート (@ailen0ada) - 世界を広げる Microsoft Cognitive Services (@Fumiya_Kume) - IL2Cプロジェクト (@kekyo2) (B5版、140ページ / 初出:技術書典3)

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

本書が在庫切れの場合に紙の書籍をお求めになりたい場合、 twitter @atsushieno または pawoo@atsushieno までご連絡いただければ対処いたします。 ---- Extensive Xamarinは、主にXamarinの話題を取り上げて解説するサークルXamaritansがお送りする、3冊目の同人誌です。前2作がXamarinの最新情報をもとに基本を押さえる内容でしたが、Xamarin関係の商業書籍が増えてきた中、本書では同人誌でこそ追い求められる「総論ではない」「一歩先の」「深い」話が多くまとめられています。 本書には、Xamarinが「外側に出ていく」ための話が集まっています。.NETのコードをJavaやObjective-Cのプロジェクトで使用するEmbeddinator-4000の解説、Xamarin.Macアプリケーションを作成した後に誰もが悩むであろう配布方法、クロスプラットフォーム開発の可能性を拡大するPlugins for Xamarinの基本やDIコンテナを用いたユニットテスト手法、Microsoft Congnitive ServiceにXamarinから繋がりに行くまでの道筋、そして変わり種として海外のXamarinカンファレンスに出ていってセッショントークをこなすためのさまざまなTipsが、この1冊にまとめられています。 本書の読者のみなさんが、Xamarinの技術やXamarin技術者の可能性の広がりを感じとることができれば、さらには自ら実践までできるようになれば幸いです。 - Embeddinator-4000 の設計と実装 (@atsushieno) - Xamarin.Mac アプリケーションの配布方法 (@toshi0607) - Plugins for Xamarin & Unit Test (@nuits_jp) - MonkeyFest2017 参加レポート (@ailen0ada) - 世界を広げる Microsoft Cognitive Services (@Fumiya_Kume) - IL2Cプロジェクト (@kekyo2) (B5版、140ページ / 初出:技術書典3)